号泣県議報道に見る日本の現状

丹下坂心理カウンセラー

2014/07/11

ご存知の方も多いかと思いますが・・・
連日、政治活動費の不適切な支出の釈明会見で号泣する県議の報道がテレビに映し出されています。

あの映像を見た誰もが、嘲笑し、呆れ、あるいは、笑いの種にしたことと思います。
これを読んでいるあなたも、そのように反応したのではないでしょうか。
日本での報道のされ方を交え、世界中のメディアでも同じように報じられました。

しかし、専門家はもちろん、見る人が見ればわかります。

・会見前にマイクをきれいに等間隔に並べる
・会見前に記者一人ひとりから名刺をもらい、どこに誰が座っているか把握しようとした
・会見中、「音としては聞こえるが、言っている意味がわからない」と発言
・度を超えた号泣
これらが見る人が見ればわかるとする所以です。

断定的な言い方は避けますが、彼は発達障害の一つを持っていると思われます。
(発達障害がわからない方は自分で調べてみてください)

なぜ、メディアはあのような号泣する場面ばかり取り上げ、非難し続けるのでしょうか。
一人として専門家が「実は彼は・・・」と発言しないのでしょうか。

そうやって、社会から異端扱いされ、二次被害のうつ病を発症し、下手をすると最悪の事態を迎えることになってしまいます。
これが、医学の世界が欧米から10年も20年も遅れを取っていると言われる日本の現状です。

確かに彼は、公人としてあるまじき行為をしていることは否定できません。
それを擁護するつもりは毛頭ありません。
しかし、号泣する彼の姿、そこに至るまでの精神状態、理由を思うと気の毒で仕方がありません。

不正は不正として正すことはもちろんですが、誰もがお互いのことを理解しようとする
思いやりをもった社会になることを願ってやみません。

コース・こころ塾のご紹介

「先生の顔を見るだけで何だか安心するんです」
ほっと安らげる、そんな安堵の場でカウンセリングが受けられます。続きを見る

「気になった時に気になったことを」料金定額制ですから、追加料金を気にせず何度でもご相談いただけます。
続きを見る

今話題のマインドフルネスの実践を始め、「こころ」について語り合える安心・安全の場です。毎週水曜19:30から開催しています。続きを見る

コース・こころ塾のご紹介

対面カウンセリング

「先生の顔を見るだけで何だか安心するんです」
ほっと安らげる、そんな安堵の場で専門家のカウンセリングが受けられます。カップル・カウンセリング、不登校カウンセリングも実施。

こころ塾

今話題のマインドフルネスの実践をはじめ、「こころ」について語り合える安心・安全の場です。初級コース・上級コースとも隔週水曜19:30から。3か月修了。上級コース修了者は、Being会の参加資格を取得できます。

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休