被災された方への思い

丹下坂心理カウンセラー

2014/03/11

東日本大震災から今日で丸3年の月日が経った
「被災者の皆様には心よりお悔やみ申し上げます」
「亡くなられた皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げます」これらの言葉を何度も聞き、目にする

ひねくれたものの見方かもしれないが
私にはこれらの言葉が、軽く響いてならない

悲しみや相手を思いやって何か言葉を発しなければならないのは理解できる
だが、どうしても
心よりお悔やみ・・・
心よりお祈り・・・
本当にそう思ってる?

見ず知らずの他人に対して、心からの思いって言える?
そう思わずにはいられない、ひねくれた自分がいる

涙枯れるまで・・・
時間が傷ついた心を癒す・・・
これは、本当に愛する人を亡くしことのある人ならば出てこない言葉である

なぜなら、いくら泣いても涙はかれない、とめどなく流れ続けるからであり
何年、何十年経っても、俳優の如くすぐに涙があふれてくるからである

自分の気持ちをどう表現するかは、人それぞれ自由である

私は適切な言葉を見つけられない

泣いている人とは一緒に泣き
笑って進んでいこうとしている人とは一緒に笑い
気持ちがふさぎこんでいる人とは、ただただ同じ空間を共有する

それが私の被災された方への思いである

コース・こころ塾のご紹介

「先生の顔を見るだけで何だか安心するんです」
ほっと安らげる、そんな安堵の場でカウンセリングが受けられます。続きを見る

「気になった時に気になったことを」料金定額制ですから、追加料金を気にせず何度でもご相談いただけます。
続きを見る

今話題のマインドフルネスの実践を始め、「こころ」について語り合える安心・安全の場です。毎週水曜19:30から開催しています。続きを見る

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休