見返りを求めない

高島心理カウンセラー

2018/12/18

「ねたみ、嫉妬、羨望…。ものすごいエネルギーです」

そう話してくれたのは、1日に何億ものお金を動かす、その業界でも指折りの企業の社長。
「高島先生、ものすごい我欲のエネルギーなんですよ。大きなお金が集まるところは。だから流さなきゃいけないんです。たくさん集めて、たくさん配る。もしかしたら、たくさん配るためにお金を集めているのかもしれません」

ノーブレス・オブリージュという言葉があります。社会的地位や財産に恵まれた人は、より多くの義務を負っているという考え方です。
欧米では割合一般的な思想なようで、古代ローマ時代からの伝統のようです。
実際古代ローマ時代の建設物や街道には個人名が冠されています(コロッセオはフラウィウス円形競技場など)が、これは有力者が公共のために私財を投じて建設したものです。

現在では、マイクロソフトのビル・ゲイツなどがその好例でしょうか。
「子どもを億万長者にしない」として、財産のほとんどを子どもに残すのではなく寄付しています。

冒頭の社長も、未来の子どもたちへ豊かな自然を残すための財団作りに奔走しています。
自然豊かな島を丸ごと買い取り、子どもたちが自然と直に触れあって学べる環境を作るのだとか。
そして、そこに世界中の子どもたちを招待するのが夢なのだそうです。
ビジネスはその夢をかなえるための手段なのだとか。

「情けは人の為ならず」
ふとこの言葉が頭に浮かびました。
お金の動きも人の心の動きと同じなのだなあと。

幸せに生きている人を見ると、そこには共通点があります。
何かするときに見返りを求めない。
見返りを求めずに、心から相手のことを思って行動する。

だからたとえ相手から感謝が返ってこなくても気にならない。
その行動は、自分がしたくてした行動だから。

そしてそういう見返りを求めない人を私たちは直感的に察するようです。
だから、その人が困っていたら何とか助けになりたいと思う。
そうやって自然に優しい思いが集まってくる。
そしてその人がまた配る。
思いが循環していくんです。

どうやらお金の動きも同じようです。
自分が儲けることばっかり考えていると、エネルギーを囲い込むようになってしまいうまくいかない。
うまくいかないからますます囲い込むという悪循環に陥るようです。

お金も優しさも流れを大切にしていきたいなと感じました。

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休

講座情報

コミュニケーション能力
1級基礎コース
コミュニケーション能力
1級資格認定コース
コミュニケーション能力2級認定講座
 ~道新文化センター主催講座~
受付準備中

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休