こころ塾だより
瞑想とは雑念に気づくこと

丹下坂心理カウンセラー
高島心理カウンセラー

「呼吸から意識が離れてはいけない!」
瞑想に取り組み始めた方からよく聞く声です。
そして、本当にそうなのでしょうか?
呼吸から意識が離れてはいけないのでしょうか?

瞑想を始めると様々なイメージや考えがわいてくることに気づきます。
今回の初級コースの受講生から聞かれたのは、
聞こえてくる小さな音が気になったり
もやもやした気分になったり
ある人の顔が突然思い浮かんだり
「なんで瞑想してるんだろう?」
「瞑想するとどんないいことがあるんだろう?」なんて言葉がわいたり・・・
そうやって雑念がわいてしまうので、呼吸に意識を向けるように心がけていると。

実は、呼吸に意識を向けることで雑念がわかなくなるのではありません。
むしろ、呼吸に意識を向けることで、雑念に「気づける」ようになるのです。

「呼吸から意識が離れてはいけない!」というのは、いわば雑念です。
雑念で雑念が止まるでしょうか?
そして、そもそも雑念とは止めなければならないものなのでしょうか?

雑念と戦ってはいけません。
雑念は暴れ馬や猿に例えられるように、制御できるものではありません。
制御できないものを制御しようというのは、瞑想ではなりません。
それでは、苦行になっていまいます。

瞑想とは心と体を一致させることです。
そして、雑念という制御できないものに気づくことです。

今後の初級コースでは、雑念とは結局何なのか?
一体どういうはたらきをしているのかを学んでいきます。
心の仕組み、そして自分とは何なのかが明らかになっていきます。

そのためにも、雑念を止めようと戦わないでください。
そして雑念がわくたびに、「雑念に気づけた」と思ってください。
呼吸は気づきのためのガイドでもあるのです。

瞑想をして、雑念に気づいていきましょう。
何事かに振り回されている自分に気づくために。
そして、そこから解放されるために。

コース・こころ塾のご紹介

カウンセリング

「先生の顔を見るだけで何だか安心するんです」
ほっと安らげる、そんな安堵の場で専門家のカウンセリングが受けられます。カップル・カウンセリング、不登校カウンセリングも実施。

こころ塾

今話題のマインドフルネスの実践をはじめ、「こころ」について語り合える安心・安全の場です。初級コース・上級コースとも隔週水曜19:30から。3か月修了。上級コース修了者は、Being会の参加資格を取得できます。

こころ塾ー10代コースー

子どものための学びの場。学校では学べない、自分が自分でいられるつどいの場です。毎月第1・3水曜19時から20時開催。

第2回実践心理学研修会<東京会場>

「怒りの取り扱いマニュアル」~期待の手放し方とゆるしの技法~札幌に続き、7/6(土)、7(日)東京開催決定!

コミュニケーション能力2級認定講座

道新文化センター主催による資格取得講座。受講者には内閣総理大臣認証NPOよりコミュニケーション能力2級資格が認定されます。

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休