夢を追う

丹下坂心理カウンセラー

2012/12/28

「夢を追う」

自分の理想とするものを追いかける、という意味ではなく
「寝ているときに見ている夢を追っていく」
という意味である。

たいていは、朝方起きる寸前の夢を人は覚えているもの。
あるいは、飛び起きるなど、よほど強烈な印象が残る夢を見たときは、朝方でなくとも、覚えている。

その「夢を追っていく」と、面白いことに
自分の心理状態がつかめてくる。

過去現在はもちろん、未来のことも人間は「夢」として
先に見ているのである。

どんな夢が何を表すかは、夢判断などのサイトのお任せするとして
自分がどんな夢を見たか、枕元にペンと紙を用意しておいて、
忘れないように書き留めていくと、
自分でも気づかなかったことが、夢で解明されたりするから
面白いものである。

さて、今日はどんな夢を見るかな。
ちなみに、昨日見た夢は、中学校時代の仲間とバスケットをしていて
見事にゴールが決まった夢!

夢判断によると、文字通りにとっていいらしい。
そう、何かが達成されるらしい。

ひゃっ、楽しみだっ!!

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休