過去を蒸し返す心理

高島心理カウンセラー

「やっぱりあなたってそうなのよ! だいたいあの時だって…」

「あなたってそういう人。だって、新婚旅行だって連れて行ってくれなかったでしょ…」

「お前ってなんでそうなの? あの時は〇〇したし、あの時は…」

このように、すぐに過去のことを蒸し返す人っていますよね?
もう終わったはずの過去を。

あるいは、自分の方がついつい過去を蒸し返してしまう、と悩んでいる方もいるかもしれませんね。
 

言われる立場にすると、これは辛いものです。
過去の出来事は変えることができませんから。
責められる感覚が強くなると、逆ギレする人も出てくるかもしれません。
「何度謝れば気が済むんだ!」と。

そして、それをされてしまうと過去を蒸し返した方も納まりがつかなくなります。
「私が悪いとでも言うの? ほら、結局反省していないんでしょ? 自分は悪くないと思ってるんでしょ?」と。

このように過去を蒸し返す方も、また蒸し返される方も、どちらも苦しくなってしまいます。
それなのに、パターンのように過去を蒸し返すを繰り返してしまう。

この過去を蒸し返す心理の正体とは一体何なのでしょうか。


 

今という現状の不満が過去を蒸し返らせる

結論から言うと、過去を蒸し返す心理というのは、今に不満があるのです。
あなたにも心当たりがあるはずです。

思い出してみてください。
あなたが、つい過去を蒸し返してしまったときのことを。
あるいは、口には出さなかったけれど、心の中で過去を蒸し返していた場面を。
「あなたはあのとき○○だったじゃない。」と。

そして、その場面の気持ちに目を向けてみてください。

どうでしょうか。
不満でいっぱいではありませんか。

「私のことをわかってくれていない」
「大切に思われていない」
「認められていない」と。

ですから、過去を蒸し返すというのは、今その瞬間に不満があるということなのです。

言い換えると、今この瞬間に満ち足りていたら、どんなに苦しい過去でも、そもそも記憶に上がってこないのです。
あるいは、たまたま思い出すことがあっても、「あぁ、あんなこともあったなあ。」と懐かしく思い出されるような記憶に過ぎなくなっています。

真意は、「苦しさをわかってほしい」

では、どうして今の不満を過去の出来事を使って伝えるのでしょう?

それは、今の不満をそのまま述べたとしても、相手に受け入れられるとは限らないからです。
「私のことをわかってくれていない。もっと大切にしてよ。」と伝えたとしても、
「十分大切に思っている。だから、一緒にいるじゃないか。それより君の方がこちらのことを…」と返ってくる。
相手は相手で言い分があるからです。

それならば、絶対に相手に反論されない事柄を持ち出して、自分の苦しさを相手に何とかわかってもらおうとする。
それが、過去を蒸し返す心理の本当の思いです。

本当は、ただわかってほしいのです。
自分の苦しさを。
 

そして、残念ながらコミュニケーションとしては、逆効果が起こる。

確かに、過去を蒸し返せば相手は反論してこないでしょう(もしくは、逆ギレされてますます事態が悪化する)。
ですが、それでは肝心なわかってほしいこと。
つまり、今の不満が伝わらないのです。

なぜなら、視点が過去に向いてしまっていますから。

視点を今に戻す(重要)

本当に伝えたいことはそうではないはずです。

今に不満があるというのは、言い換えると、もっと親密な二人になりたいという願いでしょう。
希望といってもよい。

だから、がんばって伝える。
ただ、過去を蒸し返すというその方法では、逆効果になる。
反論の余地を与えないというのは、相手の存在の否定に他なりませんから。

「この野郎」という敵意が起きるだけで、今抱えているその苦しさには気づいてもらえませんから。


それでは、どうすればよいのでしょうか?

それは、一にも二にも気づくことです。
自分、もしくは相手の口から、過去を蒸し返す言葉が出ていないか。
さらに、口にはしていなくても、自分の心の中に過去を蒸し返す思いがないか。

そして、過去を蒸し返す思いを見つけたら(自分のであれ相手のであれ)、視点を今に戻す。
今、私たち二人の間にある不満は何のなのだろうと。

二人のために二人の間で起きているすれ違いを探す作業です。
希望を見つける作業といってもよい。

これこそ、成熟したカップルへと至る道です。


 

おまけ 過去は変えることができる?

過去を変えることはできない。
よく言われることですね。

本当にそうなのでしょうか?
 

人の心のメカニズムからすると、半分は正しくて、そして半分は間違いといえるでしょう。

過去の出来事は変えることができない

誰かから言われた言葉。
誰かを失った経験。

あなたが体験したその出来事そのものは確かに起こったことです。
その意味で、過去は変えることができません。

過去の受け取り方は変えることができる

一方で、過去の受け取り方は変わります。

今回のつぶやき。
今が満ち足りていると、過去を蒸し返さないというのがそのよい例ですね。

当時は許せなかったことなのに、今となってみると、「あぁ、そんなこともあったなあ。あのときはつらかったなぁ。」と懐かしく思い出されるような感覚。

その意味で、過去は変えることができるのです。
そして、心にとっては、出来事よりも受け取り方の方が影響が大きい。

なぜなら、感情を決めるのは、受け取り方だからです。

その意味では、変えられない過去はないのです。

カウンセリングはこちら

何もしなければ、何も変わりません。
一歩を踏み出すのは、今です。

(9:00~20:00)
070-2428-0730
  • カウンセリング等で電話に出られない場合があります。その際はお手数ですが、再度おかけ直しください。
  • 留守番電話にメッセージを残していただければ、こちらから連絡いたします。
  • ネットでの受付は、24時間対応しています。

皆様からよせられた感想

  • うん、うん、そう、そうと思いながら読ませて頂いてます。今の私には本当に助かっています。ありがとうございます。
  • 過去を蒸し返す心理の原因が、今の現状に不満があって、さらに、もっと親密な二人になりたいという、願いや希望が心の中に隠れていることを知りました。
    そんな気持ちがあるのに、逆効果なことをしてしまうのは、もったいなくて、先生のつぶやきで教えて頂けて、良かったです。
  • 「変えられない過去はない」希望の言葉です。大切にします。

ご予約・お問い合せはこちら

カウンセラーの私たちがお話を伺います

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日祭共通)
休業日:不定休