【男性心理・女性心理】

余計なことばかりする夫、ダメ出しばかりする妻①

丹下坂心理カウンセラー

2020/11/8

「うちの夫、全然手伝ってくれないんです」
「余計なことばっかり」
「手伝ってるつもりらしいけど、全然手伝いになってない」
妻側からは、厳しい言葉が飛び交います。

詳しく聞いていくと、どうやらこういうことのようです。
・子供の世話をお願いしても、すぐに終わってしまう。
こちらとしては、子どもを外の連れ出して遊んできて欲しいのに!
その間に、ゆっくり休んだり、普段できないことをしたりしたいのに!
子どもの面倒見てると思ったら、すぐに、「もう見たから」と面倒みなくなる。

・洗濯干しを手伝ってくれるのはいいけれど、しわを伸ばさずにそのまま干すんです!
・下着は外から見える場所には干したくないのに、全然考えずに干すんです!

・食器を洗ってくれるのはいいけれど、水を出しっぱなしで洗うんです!
・洗剤を使いすぎ!
・食洗器への入れ方がごちゃごちゃ!

一方、夫側からもこんな言葉が聞かれます。
・手伝ってるのに、感謝されるどころか、ダメ出しばかりされる。

さて、このカップルの間ではどんなことが起きているのでしょう?

妻側には共通していることがあります。
それは、「私の思う通りのやり方で」手伝って欲しい、ということです。
手伝えばいいというわけではないのです。

これを読んでいるあなたが女性であれば、当てはまるところがありませんか?
・子どもの面倒を見てくれれば、どんな見方でも構いませんか?
・時間は5分でもいいですか?

・しわを伸ばさずに洗濯物を干してもいいですか?
・干す場所はどこでもいいですか?

・好きなだけ水を使い、好きなだけ洗剤を使って食器を洗ってもいいですか?

どれだけ多くの女性が、全ての問いに「Yes」と答えられたでしょう。
つまり、妻側は、ただ手伝って欲しいわけではないのです。
「私の思う通りのやり方で」手伝って欲しいのです。

「私の思う通りのやり方で」手伝ってくれないならば、自分が同じことをしなければならない、プラス、夫のした始末もしなければならないため、「余計な手間が増える」ことになってしまうのです。
ですので、冒頭の妻側のぼやき、
「うちの夫、全然手伝ってくれないんです」
「余計なことばっかり」
「手伝ってるつもりらしいけど、全然手伝いになってない」
となってしまうわけです。

では、この問題を解決するためには、どうすればいいのでしょうか?

妻側は、まずは「私の思う通りのやり方」を夫に伝えることです。
・子供の世話は、どこで、どのくらいの時間、どのようにすればいいのか?
・洗濯ものは、どれを、どこに、どのように干せばいいのか?
・食器は、何を、どのように洗えばいいのか?

夫側は、まずは「妻のやり方」を聞いてみることです。
・子供の世話は、どこで、どのくらいの時間、どのようにすればいいのか?
・洗濯ものは、どれを、どこに、どのように干せばいいのか?
・食器は、何を、どのように洗えばいいのか?

面倒くさい。
そんな声が聞こえてきます。
面倒な夫婦の歴史を作り上げてきたのは、紛れもない、あなたとあなたのパートナーの二人です。

今後も二人で歴史を作っていくのであれば、新しい歴史を作っていきませんか?

「歴史は繰り返す」
そう言われていますし、史実を見ても、その通りと言えるでしょう。
これから二人が作っていく新しい歴史は、二人だけのものではなく、二人の大切な子どもの新たな歴史を刻むことにもなります。

自分のために、そして、我が子のために。
ほんの少し、伝える勇気、聞く勇気をもってみませんか?

皆様からよせられた感想

  • 妻側ですが、この通りのことをよく思っています。ダメ出しするとムッとしてしまうし、以前は手間が増えるので手伝ってもらいませんでした笑
    でも、どのように手伝って欲しいかを細かく説明すると、夫はその通りにやってくれます。
    初めは面倒でも、一つ一つを丁寧に伝えて、夫婦の関係を作って行くと良いのだな、と思いました。
    最後の方の文章については、子どもは親を見ていますよね。子どものためにもきちんと伝えることを夫婦で見せて行けたらと思いました。
友だち追加

「カウンセラーのつぶやき」更新などカウンセリングMaNaからのお知らせを受け取るにはLINEお友だち登録が便利。無料でどなたでもご利用いただけます。感想もこちらからどうぞ‼