手紙

高島心理カウンセラー

2020/4/5

先日、妻のもとに一通の手紙が届きました。
そして、手紙を読み始めた妻の目から涙が次々と溢れます。
何とも言えない、とても温かな表情の妻。

その手紙の差出人は、20年ほど前に妻が受け持った教え子。
当時、小学生の女の子だったそうです。

手紙には、20年前のエピソードや、20年前の彼女にとっての妻の印象などが書かれていたそうです。
そして、妻への感謝も。

20年も経って憶えていてくれるだけでもうれしいものです。
しかも、その思いを形にして届けてくれた。
あんなに深い感動に包まれた妻を見るのは、もしかしたら始めてだったかもしれません。

そして、それから数日。
私のもとにも手紙が届きました。
 

私に届いた手紙の差出人は、姪っ子。
そこには、普段口に出せない彼女の思いが書かれていました。
読んですぐに目頭が熱くなりました。
立て続けに5回は読み返しました。
今もまた、読み返しては温かな思いになっています。
3枚のこの白い便せんが、子のない私に父親の気分を味わわせてくれています。

妻、そして私が感じているこの何とも言えぬ幸せな感覚。
この幸せな感覚を運んだものの正体は、一体何でしょう。

もちろん、特別なものです。
そして、特別だけれども特別でない。

「今更なかなか伝えられなかったので…」

というのも、手紙を書いてくれた二人は、手紙を書くために、わざわざ特別なことを考え出して伝えたからではないからです。
そうではなく、書かれていたのは、日頃思っていたことや感じていたこと。
ずっと思い続けていたこと。
もう既に彼女たちの胸の中にあった思いなんです。

特別なのは、日頃思っていても口に出せないでいたことを伝えてくれたこと。
ただそれだけなんです。
そして、ただそれだけのことがこんなにも誰かを幸せな思いにする。

あなたは、今のあなたが、もうすでに持っている力に気づいていますか?
それは、あなたの中にある誰かへの感謝、大切に思う気持ち。
日頃、口にしないからこそ、口に出したことがないからこそ、誰かの「こころ」に深く大きな幸せを生み出します。

あなたは、あなた自身を今すぐここで幸せにすることはできないかもしれません。
けれど、誰かを幸せにすることはできます。
そして、その力を、すでにあなたは持っているのです。

コロナの影響で、自宅にいる時間が長いこんな時だからこそ、誰かに手紙を書いてみませんか?
さて、あなたは誰に幸せを届けます?

追伸
あなたはあなた自身を今すぐ幸せにすることはできません。
けれど、誰かにあなた発の幸せを届けることはできます。

そして、それを実践するあなたに一つ約束します。
あなた発の幸せはあなたのもとに返ってきます。

それは、あなたが幸せを届けた相手からかもしれないし、全然違う別の誰かかもしれません。
今すぐかもしれないし、ずっと先のことかもしれません。
けれど、あなた発の幸せは必ず返ってきます。
何倍にもなって返ってきます。

どうして約束できるか疑ってます?
それは身をもって、何度も何度も味わっているからです。
私も、妻も。

おすすめします。
そして、約束します。

皆様からよせられた感想

  • 手紙読みました。こんな時だから、感謝を息子に伝えたいと思います。私は2年ばかり前からカラオケをやっているのですが 人間関係で悩むこともあり、恥をかくこともあり、苦しんでいました。そんな渦中に、息子が人間恥をかくことも大切だと。とても勇気をもらいました。コロナが落ち着きましたら、また始めたいと思います。勇気をくれてありがとう
  • つぶやきを読んで
    私も一緒に号泣してしまいました。
    そして温かな気持ちになりました。
    と、同時に私のちょっぴり悲しい過去も思い出してしまいました
    (良いお話なのにごめんなさい)
    あの時の先生元気にしているかな?
    なんて…
  • 手紙をもらうのは嬉しいですよね。昔、友達と文通していた時のことを思い出しました。
    言葉ではなかなか伝えにくいことでも、手紙なら素直に伝えられて、もらった方は何度も読み返すことができて、思い出としても残せる。携帯という便利なものがありますが、時々、手紙も活用しようと思いました。
友だち追加

カウンセラーのつぶやき更新などカウンセリングMaNaからのお知らせを受け取るにはLINEが便利。無料でどなたでもご利用いただけます。感想もこちらからどうぞ‼

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休