カウンセリング中に起きていること

高島心理カウンセラー

2018/5/14

カウンセラーをしていると知ると、冗談交じりにですが、「心を見透かされるようで怖い」と言ってくる人が結構います。
中には本気で思っている人もいるかもしれません。
言葉にしないだけで。
実際私もカウンセラーになる前は、カウンセラーに対してそんなイメージを漠然と持っていましたから。

現実にはどうなのか。
心を見透かすという点では、当たっているといえば当たっているし、当たっていないといえば当たっていないと答えるほかないでしょうか。
つまり、見透かせるといえば見透かせるし、見透かせないといえば見透かせない。

まず見透かせない面ですが、エピソードは全く分かりません。
例えば落ち込んでいる人がいても、その人に何があったのか、誰に何を言われたのか、言われた言葉の何に傷ついたのか、そういったことは話してもらってはじめてわかります。
つまりエスパーではないわけです、カウンセラーは。

では、何を見透かせるのか。
言葉でうまく表現するのは難しいのですが、相手が「本当に感じていること」です。
ときに相手自信も気づいていないような。
落ち込んでいるというのは、孤独感なのか孤立感なのか疎外感なのか、あるいは思い描いていた自分というイメージが壊れたことによる喪失感なのか。
具体的な感覚まではっきりわかります。
なんなら、私の方がよっぽど的確に説明できることも。

どのような聴き方をすれば、相手が「本当に感じていること」がわかるのかですが、一言で言ってしまえばペーシングです。
ですが技法ととらえない方がいい。
相手と呼吸を合わせるとか、話す調子を合わせるとか、そういったレベルでの技術ではありません。
観察力と共感力をもとに、全身で相手を感じることです。

私の場合は、自分が白いキャンパスになる感じ。
そこに相手から伝わってきた感覚が絵の具のように塗られていくんです。
その絵の具の色や彩度。
厚み、塗られるスピードや回数、そして質感。
そういった視覚的情報と絵の具の感触なんかが、自分の身体感覚となって、相手の感情を再現します。
まさしく再現です。
自分の中に、相手が「本当に感じていること」が寸分たがわずコピーされる感覚です。

これがカウンセリング中に起きていることです。
相手に耳を傾けるだけでなく、自分を明け渡す感じ。
自分の中では、この聴き方を「敬聴」と呼んでます。

ちなみに、この「敬聴」ですが、日常ではそんなにしていません。
基本的には、自分を明け渡すより、自分勝手でいたいですから。

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休

講座情報

札幌
第3回実践心理学研修会
道新文化センター主催講座
コミュニケーション能力
2級認定講座<函館・室蘭>
<函館>
コミュニケーション能力
1級認定講座

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休