【高島心理カウンセラーのつぶやき】

2020 運命

高島心理カウンセラー

2020/1/1
 

明けましておめでとうございます。
あなたの2020年がその場所で、その気持ちでスタートしました。


さて、その場所、その気持ちで新年を迎えるというのは、あなたが選択したものですか?
それとも、何となくそうなってしまったのでしょうか?

新年を神社で迎えても、山の頂上で迎えても、船の上で迎えても、海外で迎えてもよかったわけです。


なぜその場所で迎えましたか?
そして、その場所で迎えるとあなたが決めたのでしょうか?


大げさかもしれませんが、「新年をどのように迎えるか」を運命と捉えてみましょう。
すると、その人の人生観が見えてきます。


「自分で決めた!」という方は、運命を切り開いている感じがするでしょう。
「なんなとなくそうなった…」、「人に合わせて…」という方は、
まさしく運命は決まっているものだという感じがするかもしれませんね。


実は、現代社会は多くの自由で満ちています。
・どこに住むか、
・どのような仕事をするか、
・誰と結婚するか、
・何をどのように表現するか…
法的にはきわめて自由です。
 

けれど、現実にはどうでしょうか?
「自由に生きている!」と胸を張れる人は、ほとんどいないのではないでしょうか?
あなたも、あなたの周囲も。


だから人は運命を思うのでしょう。
自分の意志を超えたところにある何かを。


実際、今日の天気すらコントロールすることはできませんから、自分の力を超えたものを受け入れる姿勢というのは大切なことでしょう。

まさしく、運命を受け入れる部分。


その上で、努力次第で変えることができるなら、運命を変えてみたいとは思いませんか?


実は、その方法があるんです。

人間は見ている方向に進みます。
実際、スキーやサーフィンといったスポーツでは、行きたい方向を見るように教わります。
自転車や自動車の運転でもそうですね。

そっちに行っちゃだめだと思えば思うほど、そちらに行くという経験がある方も多いのではないでしょうか。

そういう、「行っちゃダメだ」な方向に向かっている時、
実は、「行っちゃだめ」な方向を見ているのです。
だから、そちらに進んでしまいます。


実はこれ、人生にも当てはまるのです。
心配ばかりしていると現実になる。
不安的中と言いますよね。


人は、見ている方向に進む。
その性質自体は変えられないのでしょう。
まさしく、運命の部分。

ただ、見る方向は変えることができる
そこは努力できるのです。


さあ、2020年。
あなたの運命の行き先は?
あなたは何を見ていきますか?



執筆者:カウンセリングMaNa 高島 昌彦

ごあいさつ

丹下坂心理カウンセラー
高島心理カウンセラー

【無料メルマガ】

今なら、カウンセラーのつぶやきが無料で届きます!

こころ塾情報

こころ塾 一般コース
第22期:受付中
第21期:満席
第20期:満席

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休

関連団体