すぐ近くの「こまったちゃん」

丹下坂心理カウンセラー

2019/4/18

新しい年度が始まり、学校で、職場であるいは、家庭で、様々な出会いがある方も多いと思います。
そして、どこのカテゴリーに行こうとも、「こまったちゃん」は存在します。

年齢の割に言動が幼い人
人の悪口を生き甲斐にしている人
文句ばかり言う人
全くその役職に見合った仕事をしない人
など、挙げればキリがありません。

あなたの周りにはどんな「こまったちゃん」がいるでしょうか?

ところでこの「こまったちゃん」、誰にとって「こまったちゃん」なのでしょう?
今、数人の顔が浮かんできたあなた。
もう、おわかりですね。

過去に出会った「こまったちゃん」をちょっと思い浮かべてみてください。今現在進行形で関わっているという人は、その方を思い出してみてください。
自分が関わってきた「こまったちゃん」に共通点がありませんか?

いつも上から目線でモノを言う人?
無責任な人?
わがままな人?

「ほんとあの人と関わってたら毎日ストレスが溜まっていくわ!」
不満を爆発させながら過ごすのも一つの生き方です。
怒りを抑圧すると心身ともに壊れてしまいます。
なので、怒りを抑えて平静を装ったり、にこにこ笑顔になったりと、
コントロールする必要はありません。
むしろ、怒りをもっている自分をきちんと感じてあげることです。

そして、その「こまったちゃん」の言動を思い起こしてみます。
いつも上から目線の人は、誰に対してもそうか?それとも、自分に対してだけか。
前者なら「誰にも認めてもらえず必死で自分をアピールする寂しい人」と
なりそうですし、後者なら「弱い立場の人にしか言えない臆病な人」と捉えてもいいかもしれません。

受け取り方がちょっと変わるだけで、怒りのトーンが変わりませんか?

もう少し掘り下げて見ていきます。
「誰も認めてくれないから必死でアピール」、「弱い立場の人には強い」となると、この「こまったちゃん」が大切にしていることは「地位」や「名誉」と表現することもできそうですね。

因みに地位や名誉それ自体は悪いものではありません。
上の役職名がつくことによって責任と仕事の幅が広がるでしょうし、大きな功績を残した人にはそれに値する名誉が与えられて然るべきです。
意識的、無意識的に関わらず、それらを悪用することによって「こまったちゃん」になってしまうわけです。

上から目線でモノを言う人は「地位」や「名誉」を大切にしている、それがわかれば、あなたの対処の仕方も自然と変わってきませんか?

あなたの周りの「こまったちゃん」、実は、過去も含めあなたの不満を解消するヒントを与えてくれているだけでなく、「自分」という内面を教えてくれる人たちだったのです。

とは言ってもねぇ。
そんな声が聞こえてきました。
切り離せない身近な人に「こまったちゃん」がいるから悩んでるのよ!
偉そうなことを書いていますが、私も悩んでいるうちの一人です、身内に「こまったちゃん」がいますから。

今、目の前にいないにも関わらず、思い出すだけで腹が立ってくる!!
あ~~、なんともったいない時間の過ごし方。
コーヒーでも飲んでのんびりします。
彼らのお陰で素敵な時間が過ごせそうです。

ご予約・お問い合せはこちら

JCTA認定企業

お気軽にご連絡ください

070-2428-0730

営業時間:9:00~20:00(平日、土日・祝祭日共通)
休業日:不定休

講座情報

<札幌>第3回実践心理学研修会
「心理分析」
集団心理とモチベーションの本質を切り口として
コミュニケーション能力
1級基礎コース
コミュニケーション能力
1級資格認定コース

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休