【性格・こころの仕組み】

一歩、踏み出すために必要なこと

丹下坂心理カウンセラー

2020/2/1

先日、数年振りに学生時代に仲のよかった友人と会いました。
会うたびに「結婚したい!」と口にしていますが、本当に仕事が大好きで、心から今の人生に満足している様子が、いつ会っても伝わってくる素敵な友人です。

そんな彼女が、悩んでいることがある、と言うのです。
すでに世界規模で動いてる彼女のことです、どんな悩みが飛び出してくるのかと思いきや、
「札幌から長期に渡る仕事の依頼がきたのだが、それを引き受けるかどうか悩んでいる」
というのです。

アメリカ、オーストラリア、ドイツといった先進国はもちろん、アジア地域、アフリカ地域と途上国も飛び回っている彼女が、自国の国からの仕事の依頼に悩んでいるというのです。

内容を聞いていくと、
札幌は寒い、新千歳空港は飛行機が欠航になりやすいと聞いた、北海道内を移動しようと思った場合、他の都市に行く時間が想像以上にかかると聞いた、雪の上を歩くことに慣れていない、転んで怪我でもしたら仕事にならない・・・
とまぁ、どんどん出てきます、札幌の仕事を引き受けることに対するマイナスの発言が。

では、想像で構わないので札幌の仕事を引き受けたあとのプラスのイメージはないか聞いてみたところ、

北海道は魚介類、乳製品が美味しいから、毎日新鮮なものが食べられると思う、夏は関東の灼熱地獄から解放される・・・
少なからず、プラスの発言が出てきます。

するとどうでしょう?
「札幌で暮らすのも悪くないかも!?」
そう、言い始めたのです。

実際に、札幌の仕事を引き受け暮らすことになるのか、断るのか、はたまた、短期滞在になるのか、今後のことは全くわかりません。
ですが、マイナスのイメージと同じ数だけ、プラスのイメージを想起することによって、完全否定したいたものが動き始めるのです。

もし、今あなたが迷っていることあるのであれば、想像し得るマイナスのこと、プラスのことの両方を紙に書き出してみるといいでしょう。
そしてそれをじっくり読み返してみることです。

きっと、そこに新たな気づきと、自分でも気づいていなかった自分の思いに気づくことができますよ!