【コミュニケーション】

函館市公立学校SCが伝える不登校児との関わり方

丹下坂心理カウンセラー

2021/8/14


「子どもとどう接すればよいのかわからない」
「子どもが何を考えているのかわからない」
「相談したいが、どこで、誰に相談できるのかわからない」
「将来が不安・・・」

 

不登校の子どもを抱える保護者の悩みは、常に重石のように、頭にあるのではないでしょうか。

 

15年以上に渡り、不登校の子どもやその保護者と向き合ってきました。また、現役の公立小中学校カウンセラーでもある心理カウンセラーが、
「不登校になる原因探しではなく、今、どうしたらよいのか?」
をお伝えしていきます。
 

1 不登校の子どもの心理

1-1 「行きたいけど、行けない」


実際の現場で不登校の子ども達の話を聞いてみると、決まってこう言います。

 

「学校に行きたくないわけではない。行きたい気持ちはあるけれど、行けない。」

 

学校に行きたくないわけでもなく、ましてや仮病を使っているわけでもなく、行きたい気持ちはあるのに、体が言うことを聞いてくれない状態にあるのです。
 


 

1-2 「行けない自分はダメな人間だ」


そして、子ども達は、こう続けます。
 
 
「普通に友達を作って、話したり、勉強したり、部活をがんばったりしたいけど、できない。みんなと同じようにできない自分はダメだ!と自分を責めてしまう。」
 
 
周りの人と自分を比較しています。そして、みんなと同じようにすることができない自分を責めています。
 

1-3 「親の期待に応えたい」

 

さらに、できない自分を責めながら、必死に親のために頑張ろうとしている子どもの姿があります。
 
 
「親はなんで学校に行かないのか、理由を聞いてくる。このままだと高校に行けない。将来のことはどう考えているのか、聞いてくる。親の期待に応えたいが、できない自分がいる。」
 
 
学校に行けない子ども達も、保護者と同じくらい、いや、それ以上に不安を抱えています。
「このままだと、わたし、どうなっちゃうんだろう・・・」
 

1-4「休んでもいいと言ってほしい」


本当は、なんて言って欲しい?、そう聞くと、こういう返事が返ってきます。
「本当は、学校を休んでもいいと言って欲しい。そう言ってもらえると、すごく気持ちが楽になる。」
 
 
学校に行きたくても行けない自分、行ったら行ったでみんなとうまくやっていけない自分、かと言って家に居ても自分の居場所を探せない自分。
 
 
「もう休ませてほしい、疲れた。もう、十分頑張ったのに。」
 
 
不登校の子ども達の心は、悲痛な叫び声をあげています。
 

2 保護者の対応NG編

2-1 「なんで行けないの?」尋問編


保護者の対応を見ていきましょう。

 

お子さんにどう接しているか尋ねると、多くのご家庭から返ってくる言葉です。
「なんで行けないの?」
保護者は、子どもが学校に行けない理由を知りたがります。あなたも、そう思っていませんか?

 

「いじめに遭っているのではないか?」
「友達とうまくいっていないのではないか?」
「苦手な科目があるのではないか?」
「先生と何かトラブルがあったのではないか?」

 

子どもが学校に行かない理由探しに奔走します。

 


 

2-2 「一緒に行く」付き添い編


一人で学校に行けない子どもに、付き添って学校に行く家庭もあります。

 

教室に入れないのであれば、保健室でもいい、とにかく、学校という建物の中に子どもを送り届けようとします。

 

2-3 「学校に行かないと、将来困るよ」アドバイス編


学校に行けない理由を聞いても、子どもから答えが返ってこない。答えが返ってきたとしても、釈然とする返答ではない。そうすると、アドバイスが矢継ぎ早に飛びます。

 

「学校休み続けていると、行きづらくなるよ。」
「1時間でもいいから、授業に出てみては?」
「教室に入れないなら、保健室登校でもいいと思うよ。」
「家にばかり居てないで、少しは体を動かしなさい。」
「高校くらい出てないと、将来困るよ。」

 

いかがでしょうか?
これら全て、カウンセリング現場で、保護者の方から聞かれたセリフです。

 

3 保護者の対応OK編

3-1 自分自身の気持ちを知る


2-3のアドバイスは、保護者自身のどんな気持ちから生じているのでしょう?
全てに当てはまる気持ちは、「不安」です。

 

「このままずっと学校に行かない、そうすると、将来うちの子はどうなってしまうのだろう?」
という、未来に対する「不安」から、これらの言葉が生じています。

 

では、この「未来に対する不安」の気持ちは、なぜ、生じるのでしょうか?
それは、あなたは、我が子を愛しているからです。

 

ご近所の不登校の子に対しても、同じような気持ちが沸いてこないのが、その証拠です。

 


 

3-2 自分自身の時間を持つ


「今日は起きてくるのかしら」
「今日は学校に行けるだろうか」
「一日中、家の中にいて、精神的によくない」
「このままだと、将来、どうなってしまうのだろう」

 

朝から晩まで、頭の中は、子どものことでいっぱいではありませんか?

 

あなたがしなければならないことは、他にもたくさんあります。家事、仕事、他の家族のことだって気になりますね。

 

ちょっと今日一日を振り返ってみてください。
自分のために費やした時間は、どれくらいありましたか?

 


 

3-3 自分自身がしたい事をする


あなたが本当にしたい事は、どんなことですか?

 

ゆっくり眠ること?
ショッピングすること?
テレビを見ること?
本を読むこと?

 

子どもの事を思うのは、保護者として素晴らしいことです。当たり前、そう思っている人も少なくないでしょう。

 

我が子を思うのと同じくらい、自分自身のことも大切にしてみませんか?
その姿勢は、どうやって自分の事を大切にしていいかわからない子どもの、良いお手本となります。

 

4 外部とのつながり


自分の時間を犠牲にして、子どものため、子どものためと、朝から晩まで、気持ちも、体も使っています。

 

なのに、子どもは思うように動いてくれない。努力が報われない虚しさ、怒り、悲しさ、色々な感情が混ざり合っているあなたがいます。

 

そのまま頑張り続けるのも、もちろん一つの方法です。

 

一方で、たくさんの事例を見てきた専門家は、保護者が無理なく頑張れる方法を知っています。不登校の子どもを持つ保護者が、解決に繋がるたくさんのヒントを教えてくれたからです。

 


 

5 まとめ


子どもには子どもの人生があります。
そして、あなたにはあなたの人生があります。

 

子どもの人生も大切です。
そして、あなたの人生も大切です。

 

その人生を大切にする方法を、あなたは、どこで学んできたでしょうか?
おそらく、家庭でも、学校でも、社会でも、どの時期においても、どの場所においても、学ぶ機会はなかったと思います。

 

今、初めて、これから学ぶのです。文字通り、ピカピカの1年生です。

 


わからなくて当たり前、できなくて当たり前です。

 

そんな一生懸命に、人生を大切に生きようとするあなたを、私は心から応援します。
どうしていいかわからない、そう道に迷った時、ちょっとだけ足元を照らします。
あなたが、一人で歩いていけるようになるまで、決して、その灯を消すことはありません。

 

「お母さん、外で体動かすって楽しいよ!一緒にバドミントン行こう!」
不登校サポートこころ塾10代コースに通っているお子さんの保護者から頂いた声です。

 

さあ、今度は、あなたの番です。
お子さんと、どんな会話をしましょうか?

 

執筆者:カウンセリングMaNa 丹下坂 愛実
 

6 講演のご案内

不登校支援講演
「不登校の子どもへの関わり方」
- 悩み相談の現場から見えてくること -
 
15年不登校の子どもやその保護者と向き合ってきた心理カウンセラーによる不登校支援講演。スクールカウンセラーでもある講師が、悩み相談の現場から見えてくる不登校の子どもへの関わり方についてお伝えします。

【日時】10/3(日) 10:00~11:00
【会場】函館市亀田交流プラザ
【講師】カウンセリングMaNa 丹下坂愛実
【対象】不登校の子どもを持つ保護者
    不登校問題に関心のある成人
【料金】無料
【主催】カウンセリングMaNa
【後援】函館市教育委員会

ごあいさつ

丹下坂心理カウンセラー
高島心理カウンセラー

【無料メルマガ】

今なら、カウンセラーのつぶやきが無料で届きます!

こころ塾情報

こころ塾 一般コース
第19期:満席
第18期:募集中
第17期:満席
第16期:満席
第15期:満席
第14期:満席

不登校サポート

【不登校サポート】
毎週月曜 19~20時

不登校支援講演
10/3(日) 10:00~11:00
主催:カウンセリングMaNa
後援:函館市教育委員会

店舗のご案内

070-2428-0730
住所

〒041-0844
北海道函館市川原町1-8

営業時間

9:00~20:00

メールでのお問合せは24時間受け付けております。

メールアドレス

info@hsmana.com

休業日

不定休

関連団体